サマーキャンプ ~小川山~

 夏休みを利用し、小川山に行ってきた。
廻り目平キャンプ場で4泊、北杜市(山梨県)のキャンプ場で2泊という日程。
今回、主な目的は「ファミリーキャンプ」で、クライミング(ボルダリング)をしたのは滞在中数時間だったけど、
家族にとってはとても有意義な夏の思い出ができた。

b0025946_13549.jpg


 8月23日(日)の未明に家を出発。
名神、中央道を経由して小淵沢ICへ。
ETC割引のお陰で1,600円。
助かります。

 子どもが小さいのでノンビリペース。
「まきば公園」に立ち寄ったりし、ナナーズで買い物を済ませて廻り目平に着いたのは、すでに15時をまわっていた。
急いで幕営地を探す。
今回は、泊まったことのない「Bサイト」にテントを張った。

b0025946_23115145.jpg
Bサイトというのは、西股沢林道を少し上がった林間のエリア。
日曜の夕方ということもあり、空いていて中々いい場所を確保できた。
この日は、夕食をあわてて済ませて終了。
冷え込みがかなりのもので、夏の小川山としては経験がないほど寒く、マジでダウンジャケットが欲しいくらいだった。
多分、10度を切っていただろう。

 24日は午前中、テント周りを整理したり、タープを張りなおしたりして少しゆったり過ごす。
午後から、買い物でナナーズ方面へ。
ついでに仕事の電話を一本(廻り目平はauは圏外なのだ)。
夜はお楽しみの焚火。
Bサイトはクライマーも少なく少し淋しいくらいだが、白樺の木々に囲まれてとても落ち着く。






 25日(火)は、朝食後にボルダリング。
クジラ岩のある「林の中のボルダー」へ行ってみる。

b0025946_23445.jpg

スラブ系は6級がやっとだが、「エイハブ船長」横の「フィン」6級は楽に登れた。
ジャミングを知らない(であろう)若いボルダラーはかなり苦労していた。

 さすがにこのエリアは平日といえども人が多いので(子供らがうるさすぎる!)、
石楠花遊歩道のエリアにユウゴと二人で移動。
ヨメとエリィはテントでお留守番。

 一番下流のエリアで何本かトライ。
5級はなんとか登れたけど、4級以上はムリ。
 少し、雨がぱらついてきたので、テント場へ引き上げる。
夜、シュラフに入ってから雨が本降りになったが、それも短い時間で、
結局、小川山に滞在中に雨が降ったのはこの時だけだった。

 26日(水)は、朝食後に釣りへ行った。
このキャンプ場、クライマーは当然多いが釣り人も多い。
しかもフライフイッシャー。
どの人もビシッとスタイルを決めて上流へ向かって行った。
(後でネットで調べたら、金峰山川はイワナ釣りの聖地として有名らしい。クライミングと一緒やな)

 私が持ってきたのは、長さ5mほどの安いシマノの渓流竿。
釣るのが目的なので、当然エサ釣り。
そのエサは、川の岩を裏返して川虫を捕る手もあるが、もう8月も終わりなのでそれは止めにして、
昨日の買い出しで買ってきた「ブドウ虫 渓流王・レギュラー」。
(秋山の食料品店「やまなか」で売ってる)

 ビクターの岩から少し上流に登ったところで仕掛けを作ってフィッシングスタート。
いきなり2投目でイワナが釣れた。
18センチくらい。
ヨメは、「単なる時間つぶしで、釣れるわけがない」と思ってたらしく、これにはかなり驚いていた。
これでも一応、幼少のころから川、池、海といろんな釣りをやってきてるんでね。
b0025946_2311523.jpg
 この後、一度上流まで少し上がってからテント場方面に戻り、車止めの辺りで2匹目をゲット。
これは、23センチほどある、まずまずのサイズ。
フライ釣りなら当然、キャッチ&リリースだが、
エサ釣りなのでキープすることへの後ろめたさも少ない。
2匹とも、夜の焚火で塩焼きにし、おいしくいただいた。
必要な分だけ食べるということは、釣り本来の姿であると思う。


b0025946_08398.jpg

小川山といえば、直火の焚火♪




 翌日(27日・木曜)は、次のキャンプ場への移動日。
テントやタープほか、キャンプ道具をドタバタしながら撤収しする。
自分のテント場の近くで泊まっていた若い4人組みも、同じ日に帰るそうだ。
「ここは、とってもいいキャンプ場ですね」
と、ボルダラーの彼氏と来ていた女性。
昼間は本を読んだり、夜は夜中まで焚火にあたってノンビリと過ごしていたみたい。
 自分もそうだったが、クライマーは登ることばかり考えて、人気ルートに早朝から取り付いたりと、
本当にせわしないツアーになってしまっていた。
ただ何もせずに過ごすというだけでも、廻り目平は素晴らしい場所だ。
トイレは水洗でまずまずきれい。
山荘で風呂に入れて、キャンプ料も安い(小学生以下は無料だった)。
クライミングはもちろん、ピークハントやトレッキング、釣りもできる。
高規格のオートキャンプ場では、絶対に味わえない魅力に満ちたところと、改めて感じた。

 11時40分ころ出発し、信州峠越えで北杜市へ。
途中、ユウゴの車酔いで時間がかかったけど、なんとか14時ころに「南アルプス三景園オートキャンプ場」に到着。
 

続く。。。
[PR]
by nejikuma | 2009-08-23 22:58 | キャンプ
<< サマーキャンプ ~三景園~ IBS石井スポーツ >>