2011 夏キャンプ

 お盆休みを利用し、群馬県と長野県の県境付近のキャンプ場へ行ってきた。



b0025946_0243176.jpg
早朝の「カヤの平キャンプ場」





 8月11日から合計6泊して、前半は「野反湖キャンプ場」(群馬県)に、後半は「カヤの平高原キャンプ場」(長野県)に滞在した。 
野反湖は標高1500mの山上湖で、周辺は高山植物の宝庫といわれ、湖ではトラウトが釣れる。
カヤの平は、志賀高原の近くの木島平村にあるキャンプ場で、こちらも標高が1400メートルあり涼しい。



b0025946_18264848.jpg
「富士見峠」から望む野反湖




 野反湖では、2日目に湖を一周するハイキングをした。
高低差は少ないが、行程が約13キロある
エリ(4歳)がどこかで挫折するかと心配したが、無事に歩き通せた。



b0025946_18334625.jpg
お花畑では「アサギマダラ」も



b0025946_1834527.jpg
昆虫採集好きの子供らの餌食に(もちろん後で逃がしたけど)




3日目は、早朝からルアー釣りにユウゴと出かけたが、結果はボウズ。
トラウト用のスプーンとミノーを用意していたが、根掛りで5、6個はロストした。
いきなり行ってホイホイ釣れるほど甘くはなかった。


b0025946_18402115.jpg
なかなかサマになっているユウゴのキャスト



b0025946_18411885.jpg
清清しい湖の朝



b0025946_2047449.jpg
サイトではトンボがたくさん飛んでいた。当然、奴らの獲物に。




 野反湖は、お盆のピークと重なったため混雑がひどかった。
ここは、BE-PALの別冊「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」で1位になったキャンプ場だ。
施設が充実し、自然環境が良かっただけに残念。
もっと空いている時期に再訪したい。

b0025946_18415896.jpg




 4日目は移動日。
早朝から撤収を始め、野反湖出発が10時。
草津温泉から渋峠を越えたところで車を停め、絶景を楽しみながらオニギリをいただく。


b0025946_20354932.jpg
有名な撮影スポット「のぞき」の景色



 それから、志賀高原のスキー場を縫うように下って下界へ。
中野市街で買い物をしてから、次なるキャンプ場へ。
ようやく、15時40分ころに到着したのだが、いきなり猛烈な雷雨の洗礼を受けた。

 雷雨が過ぎた後、ようやくテントを設営。
天気はすぐに回復しそうだ。

 ところで、ここのキャンプ場の管理人のおじさん(50代?)は、島根の「横ちゃん」にそっくり。
容姿はもちろんのこと、しゃべり方もどことなく似ている。
ちょっと要領の悪いところも。。。
当然、夫婦の間では管理人さんのことを「横ちゃん」と勝手に呼ぶことにした。



b0025946_19445621.jpg



 翌日は、周辺をハイキング。
このあたりは広大なブナ林があり、その中に道が付けられている。
歩いて1時間ほどの「北ドブ湿原」は、もう一月早ければ「ニッコウキスゲ」が一面を
覆っていたらしい。


b0025946_19454199.jpg
散策路で見られるブナの大木




b0025946_1932990.jpg
北ドブ湿原


 その翌日は、車で志賀高原方面へ出かけた。
途中、「雑魚川」という渓流があるのだが、ここは岩魚釣りの有名なポイントらしい。
残念ながら、餌を用意していなかったので今回はパス。
次回は、遊漁券も事前に購入して臨もう。



 このキャンプ場は、早朝に幻想的な景色を見せてくれる。
朝を3回迎えたが、幸運にも連日、違った顔のシャッターチャンスが訪れた。



b0025946_19372344.jpg




b0025946_19374823.jpg




b0025946_19382796.jpg




b0025946_19361926.jpg




b0025946_19364632.jpg




b0025946_1938747.jpg




b0025946_19384660.jpg





 ここも、お盆のピークを外せば空いていて、ゆったりと過ごせる、いいキャンプ場だった。
ここも紅葉のきれいな時季とかに再訪できればいいなあ。


おわり。。。
[PR]
by nejikuma | 2011-08-11 12:55 | キャンプ
<< OCSでセッション こうもり谷 草抜き >>