城ヶ崎 7日目    2005.01/04 (火)   雨のち晴れのち雨

 今日は最終日。
テントの撤収もあるので、前夜みんなで早起きしようと話していたのだが、
6時前、テントを叩く激しい雨音で目が覚めた。。。



 
 yukioさんとも相談し、6時起床を7時に遅らせ、様子を見ることにした。
ケータイで天気予報を見ると、雨雲は伊豆半島にかかっているだけで、
7時過ぎには晴れ間が広がってきそう。
「登るの~?」
とモチの低いようこさんだが、ここまできて登らずにいられるか?
「いや、いられない!」
と、反語でツッこむO君に爆笑。

 雨も小雨になり、朝食を食べながらテント、タープを片付ける。
そして、出発前の小核心は、あのおばちゃんへの挨拶だ。
チェックアウトをすると告げに行く。

 「お世話になりました。チェックアウトします」

 「ありがとうございました。ゴミは残ってないね?」

 「ハイ、きれいにしましたよ」

 「焚き火は?」

 「ちゃんと消しました」

 「本当は灰も捨ててくれるといいんだけどねェ」

 「はぁ……。捨ててきましょうか」

 「そうしてくれる~」

 というわけで、小屋の裏に連行され、ショベルと一輪車で最後の後片付けを。
まぁ、「立つ鳥、跡を濁さず」ですね。

 そんなこんなで、最後のクライミング。
制限時間は2時間。
アップはチェシャネコの下をウロウロとトラバースして終了(全然アップになってないけど)。

 1回目のトライ。
絶対に登る気でオブザベ。
イメージは完璧だけど、あとは体の疲れだけ。
下部、上部のトラバースも問題なし。
最終クリップ手前のガバで大レストしてムーブを起こす。
クリップし、一度だけシェイクをしてノッ越す。
今日は1回で成功。
慎重にマントルを返し、終了点にクリップ。
今回は2日目、2年前のトライから数えて通算4回目でRP。
ようこさんが言うように、ちょっとお買い得の5.12aかな。。。

 この後、バンリさんもRP。
O君とようこさんは惜しかったけど、RPならず。
次回のツアーまでお預けとなった。
N原君の「虎の穴」も、ワンテン止まり。

 最後に、「カルボナーラ 5.11b」をオンサイトトライ。
核心は1回ではできなかったので、クライムダウンしてレスト。
もう一度突っ込んで核心を超える。
途中、2度も足ブラになってやばかったけどOSに成功。

 サンライズに行ってたyukioさんたちも戻ってきて、身支度して駐車場に戻る。
13時半前に伊豆を出発。
静岡西部、愛知東部で多少混んだが、だいたい順調に走り、大阪駅到着。
N原君は岡山に帰る術もなく、yukioさん宅に泊めてもらうことに。
(yukioさん、ひがぴょんさん、お疲れ様でした)

 今回、N原君の言動が心配で、最初は断ろうかと思っていた。
ツアーの前半は連れてきた事を後悔もしたが、
後半は、なかなか素直で、後片付けなどの仕事もすすんでする時があるほどだった。
まぁ、これなら次回も…と思ったりするが、もうちょっと様子をみないとね。
2期生君をはじめ、クライマーとして期待している人が多いだけに、
人間としても、もっと成長して欲しいところだ。



[PR]
by nejikuma | 2005-01-04 18:52 | クライミング
<< 新年    2005.01/0... 城ヶ崎 6日目    2005... >>