遠近両用眼鏡 2

 遠近両用眼鏡を使い始めて、ほぼ一週間が経った。

使用感は、「便利でもあるし不便でもある」。

 パソコンに向かう時や本やケータイの画面を見る時はいいのだが、
近くを見る必要がない時は、ピントの合う範囲が眼鏡の上部に限られるので、
視界が狭くて不都合を感じることが多い。
ちゃんと見ようとすると、顔の向きを変えないといけないからめんどくさい。

 クライミングでは、足元を見ることが重要な要素なのに、
視線を下にやるだけではボケてしまって、正確にフットホールドを捉えられない。
人工壁ならまだしも、自然の岩場ではかなり困りそうだ。
なので、クライミングの時は以前からの近視用眼鏡を使うことにした。

 ただし、「度」が遠近両用と少し違うので、
それに合わせてもう一本作るほうがいいのだろうか。

 ほんと、スポーツをやるには眼鏡は不便だワ。。。


b0025946_12222338.jpg
[PR]
by nejikuma | 2012-02-24 22:04 | つれづれ
<< 「北山公園清掃登攀」のちOCS OCS >>