コンデジ

 昨年の9月、発表になったばかりのGRデジタルに触れて、コンパクトデジカメを検討中と書いた。
その後、何の音沙汰もなく今まできたけど、実は昨年の11月に購入を済ませていた。


まぁ、普通の人はこんなもの買わないだろう。
今まで同じカメラを持っている人に出会ったのは一度だけ。
しかも、阿蘇の大観峰という、辺ぴな観光地。

そのコンデジとは。。。




 そのカメラは、「リコー GXR」。

見た目はコンデジだが、写真専門誌によっては「ミラーレス一眼」に分類することがあるし、それは的を得ている。

最大の特徴は、レンズとセンサーを一つのユニットにし、交換できるようにしたこと。

メーカーのサイトにはこうある。


 これまでのレンズ交換式カメラシステムでは、マウントやレンズ後玉から撮像面までの距離、いわゆるフランジバックやバックフォーカスを確保するという制約があり、光学性能と小型化を両立させることは困難でした。しかし、マウントを持たず、バックフォーカスも自由に設定できるGXRなら、光学的に最も無理のないレンズ設計と将来的な発展が可能です。


 たぶん、ほかのメーカーもアイデアはあったんだろうけど、こんなマニアックなものを作ることには、
マーケティング的にGOが出なかっただろう。
でも、それをやってしまうのが、リコーのリコーたるゆえんだ。
 GRデジタルは“28mm単焦点”という個性的なコンデジだが、
GXRも負けず劣らず個性的で、ユニット交換式というのは唯一無二の存在。
このオーナーも「超変人」の部類の人間と言えるだろう。

 ただ、GRデジタルに比べると携帯性には劣る。
「A12 28mm」は、「GR LENS」の称号を与えられている割に、画面周辺の歪みが気になる。
決して完璧な出来ではないと思う。

 それでも、いまだに現役で使っている「EOS 5D」にも負けない写真を生み出してくれる。
カメラユニットは2つしか持っていないけど、ライカのMマウントが使えるユニットを出すなど、
この先に何が出てくるかと思うと、発売から3年も経つのにワクワクさせてくれる。

 「写真はレンズで決まる」という、有名なツァイスの格言があるが、
リコーもこのWEBページの中で、「レンズこそ写真の命です」と書いている。
どうか、そのポリシーを守り続けてほしい。
[PR]
by nejikuma | 2012-12-23 21:55 | PHOTO
<< 年末年始 京都 紅葉 >>