金剛山


 家族で「金剛山」に登ってきた。

 子供たちは初めてだが、自分にとっても20年ぶりくらい。
昔、独身のころは、ボッカ訓練として一人で登ったものだ。
ザックに水や石を詰めて30キロ以上にして、人の少ない沢沿いの登山道を使っていた。






今回は家を7時過ぎに出て、約1時間30分で登山口に到着。
身支度をして、9時10分に歩き始めた。
道はほぼ階段状。
正直、面白味のない道だ。
大人はそうでもないが、体の小さいエリには段差がツライのだろう。
それでも頑張って、1時間20分で頂上に到着した。
コースタイムが1時間30分だから、小1の女の子がいるパーティにしては上出来だと思う。

頂上に着く頃に雨が強くなったので、広場の奥にある東屋で昼食にした。

下山は、青崩方面へ下り、「セト」から林道に降りる道を使った。
少し遠回りで時間もかかったが、階段ではなく山道を歩くのは心地いい。

それに、こっちのルートを歩く人もまばらだ。

b0025946_19462416.jpg

馬の背状の稜線を歩く。




b0025946_19464484.jpg

セトの分岐。


 最後は林道を延々と歩く。
あまり楽しみのない道だ。


ゴールは、登り始めたところの売店前。
店の横の水場を拝借して顔を洗う。
冷たい水がとても気持ちいい。

金剛山は家からは少し遠いが、気軽に登れる山なので次はまた違う道を使って登ってみたい。
[PR]
by nejikuma | 2013-06-16 20:04 | ハイキング
<< 大台ケ原 二年ぶりに蛍鑑賞 >>