名張→笠置

 土曜日は、きゃしーさん、かっぱのひろさん、そして九州からのクラック好きと一緒に第1岩壁へ。
 冬の岩場は、樹木の葉が少なくて広々としていて、夏とはまた違う雰囲気だ。





 最初は「直登」を登る。
でも、ハンドジャムする指先から岩の冷たさが伝わってきて、少しジンジンする。
上部のオフウィズスでずり落ちそうになったけど、なんとか完登。

 この日は冷え込みが厳しくてモチが下がりっぱなし。
そんな中、タカピロさんは「スネークマン」にオンサイトトライ。
残念ながら核心でフォールされていたが、安定した登りだった。

 一本だけで止めようかと思ったが、寒さに言い訳しているのがイヤだったので、
「でかいつらダイレクト」に取り付く。
出だしのクラックで、プロテクションがなかなか決まらず、何度もクライムダウンしてやりなおす。
ナッツが利いてるのを確かめて、ムーブを起こし中間レッジへ。
上もしばらくは微妙なムーブで切り抜け、最後は快適なハンドサイズを登って終了点へ。

 これで撤収して笠置に移動。
キャンプ場で受け付けを済まし、風呂に行く。
駅から3分のところにある、「“わかさぎ温泉”笠置いこいの館」は800円。
う~ん、ちょっと高いゾ。。。

 戻ってテントを張り、前夜祭に参加。
最初は、参加者同士で意見交換。
まだ酒が進んでおらず、真剣な意見を語っていた。
しかし、そんな建設的な会合も、のちのアルコールとともに消え去るとは。。。
↑ウソですよ。

 宴会場では、豚汁、焼き肉なんかが振舞われた。
さらに、1人1人におにぎりとビールの提供も。
これで700円は安い!
それに何といっても、主催者の方々のお気遣いが嬉しい。

 9時ころには宴もさらに盛り上がってきた。
調子に乗って焼き肉をほおばり、ビールをグビグビ飲む。
いろんな人と話し、飲みながら0時過ぎまで宴会場にいた。
[PR]
by nejikuma | 2005-03-05 22:29 | クライミング
<< 生魂 スーパークロス >>