WBC 雑感

 WBC(World Baseball Classic)が、ここにきてがぜん盛り上がってきた。
日本には、「たなぼた」的な準決勝進出だが、ここまできたら、気持ちを切り替えて頑張ってほしい。




 
 すでに報道されているように、選手の活躍や勝敗以上に、注目を集めることが多く、
「いったい、なんなん?」と、まっとうな野球ファンは思っていることだろう。

 まず、アメリカ優位の組み合わせ。
アメリカは、ドミニカ共和国やキューバといった強豪国と決勝まで当たらないようになっている。
普通、リーグ戦からトーナメントになる時は、互いの組の1位と2位を「たすきがけ」にするのが
当たり前だ。
そして、「疑惑の審判」による、どう考えてもアメリカ寄りのジャッジ。
しかし、そんな“工作”も裏目に出て、アメリカは優勝はおろか、決勝リーグ進出さえできなかった。

 印象に残ったのが、イチローの存在。
クールというイメージが強かったが、今回の彼は熱い。
1次リーグの韓国戦で負けた時、ベンチで吠えていたのが印象的だった。
日本のナインも、この姿を見て期するものがあっただろう。
ここまできたら、優勝目指して頑張ってほしい。
[PR]
by nejikuma | 2006-03-17 22:31 | つれづれ
<< 仕事 OCS >>