<   2006年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

OCS

 OCSへ。
yukioさんに垂壁課題をいろいろ教わり、トライする。

1本目は一撃。
2本目も苦しみながらも一撃。
しかし、3本目は、中間くらいまでしかいかなかった。

途中、やまうちさんが来られ、いつものようにバトルに突入。
最後まで楽しく登れた。
やはり、セッションするほうが実力以上に登れてええなぁ。

人気blogランキングへ
[PR]
by nejikuma | 2006-01-31 22:54 | インドア・クライミング

午前中

抱えていた仕事の原稿を出し、少し身軽になった。

 午後からは、雑多な仕事と今後のスケジュール調整。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-30 22:40 | 仕事

不動岩

 かっぱのひろさんと2年半ぶり?に不動岩に行く。

 正面壁の前で荷物を広げ、ひろちゃんが「リトルボーイ」を登るが核心でフォール。
私も登る。

 すぐに「ペガサス」でもう一本アップ。
ぐらついてた核心のガバが取れたようで、けっこう登りやすかった。

 「小熊物語」もすんなり再登。
けっこう得意ルートです。

 お昼休みしてから「タイコハング」を登る。
ハングで引きはがされそうになり、上のクリップはクリップホールドとは違うのでやろうとして
手が張ったが、なんとかRP。

 「ワンマンショー」は、苦手意識があるせいか、ムーブもどことなくぎこちない。
核心で2回テンションして上まで抜ける。
弱弱やね。。。

 最後に「ミート&ポテト」をクールダウンで登って終了。

 それにしても、この正面壁、「限定」が多すぎなんと違う?
小熊は以前からあったけど、ペガサスは特になかったはず(あえて限定で遊ぶ人は昔からいたけど)。
さらに、長~いお助けヌンチャク。
ボルトを一本増やしているのと同じことだよ。
「困難」を克服するのがクライミング。
自分に甘んじてレベルを引き下げては、向上はないとは思いませんか?
基本は、「初登者と同じかそれ以上のスタイル」だよね。

 帰りに「みわあおに」へケーキを買いに行く。
でも、閉店に近かったせいか、お目当てのケーキはなかった。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-29 22:29 | クライミング

出勤

 土曜日だけどまじめにお仕事。
でも、土曜日って人が少なく、ついだらけムードになってしまいがち。。。
いちおう、ちゃんと仕事はしたけどね。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-28 22:28 | 仕事

インタビュー

 撮影で、某ラジオ局のパーソナリティーを撮影する。
朝早くからスタジオに入って、生放送のCM中に少し撮り、
番組が終わってから、近くのホテルで一緒に朝食をとりながらまた撮影。
終わったら、、もう11時だった。

 社に戻り、定時まで普通に仕事。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-27 22:16 | 仕事

ながの村(下帝釈峡)清掃活動

 TC-Netから「ながの村」の清掃活動についてメールが届いた。
4月16日に、住民の方の活動にクライマーが参加させてもらう形で実現した。
「ながの村」には、クライマーに対して好意的に迎えていただいているが、
それは一部の方であって、多くの方はクライミングがどういったものか、
認知されていないのが現実だろう。
こういった機会が持てるのは、とても喜ばしいことだ。
ぜひ参加して、受け入れていただく一助になればと思う。

詳しくは、gakuさんのブログTC-Netのサイトで。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-26 22:28 | クライミング

ミニコンペ

 今年最初のミニコンペに参戦。
今日はボルダー。

 1課題目。
ムーブは多分正解で完登。

 2課題目。
ムーブは間違ってなかったと思うけど、保持力不足で、4手目タッチで落ちる。

 3課題目。
これも、3手目が射程距離だったのに、意外に悪く、保持できず。

 結果は予選落ち。
でも、コンペに出ることは意義あることだ。
セッションと違い、失敗のゆるされないオンサイト勝負。
しかもボルダーときたら、ムーブのやり直しやミスは許されず、
集中力はいやが上にも研ぎ澄まされる。
人前で登ることはメンタル面での強化にもなる。
これは、岩場で登る時に、大いにプラスになる。
スポーツには「体力」「技術」「メンタル」の重要さが変わってくる。
例えば、マラソンは「体力」、野球は「技術」といった具合に。
クライミングは、3つがバランスよく必要になるスポーツなのだ(と、ある本からの受け売り)。
多分、ルートでワンテン地獄になるような状況って、
体力よりメンタル面が欠けてるんじゃないやろか。
ちゅよなわけで、このコンペに出続けてるんだけど、
パワーバーをもらえるのがうれしいというのも理由かも(^^ゞ

 残った時間で女子の課題を触る。
1課題目は、壁がこんでいたのでやらず。
予選2課題目は2撃。
3課題目は一撃。
決勝1本目は一撃。
2本目は、6、7回打ち込んで完登。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-25 22:16 | インドア・クライミング

北山公園

 もうあちこちで書かれているけど、「北山公園」がクライミング自粛になった。
残念なことだけど、やはり、クライミングが世間に認知されていないことも
要因のひとつだろう。
もっと理解され、受け入れてもらうためになにができるか、
クライマー全員が真剣に考えていかなければならない。

 例えば、公園の入り口に
「この北山公園は、日本のボルダリングのメッカ(確か発祥の地と言ってもいいはず)で、
ボルダリングとはこんなスポーツです。高い山の頂上に登るのと同じ志を持って
岩を登っています。うんぬん・・・」
といった、一般の人に紹介するような看板を立てさせてもらったらどうだろう。
北山公園って、芦屋のロックガーデン的な存在だと思うんだけど。。。

 静かにハイキングを楽しんでいる人の立場になれば、
そりゃ、ボルダラーは奇異な存在だろう。
チョークを消したり、通行の邪魔にならないようにする、叫ばないのは当然だけど、
ハイカーなど一般の利用者と共存できる環境作りを考えていこう(自戒を込めて)。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-24 22:05 | クライミング

残業

 通常通りの仕事。
企画書作りで残業。。。

この「企画書」が、いつも大変なんだよなぁ。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-23 23:02 | 仕事

今日もOCS

 ヨドバシカメラに行き、父の古希のお祝い品を買う。
そのまま、JRで新大阪駅に行き、ユウゴに新幹線を見せる。
あまり感動がなかった?

 この後、OCSへ。
1時間だけ登る。
少しだけでも継続して登れれば、体力は維持できるだろう。
次の備中のために、少なくとも現状維持でいこう。
[PR]
by nejikuma | 2006-01-22 01:05 | インドア・クライミング