<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ランニング

 夕方、例の藻川・猪名川コースを走ってきた(だいぶ歩きも入ったけど)。
b0025946_15353036.jpg
▲少年野球でにぎわう、藻川の河川敷。向こう岸の堤防の上がジョギングコース

 スタートは、藻川にかかる上園橋から。
ここから土手の上を南下していく。
園田を過ぎると、梅田のビル群がかなり近く見える。

b0025946_15354490.jpg
▲夕焼けに染まる園田の阪急鉄橋

 最南端で折り返すように猪名川を北上。
名神を過ぎたところがやっと半分。
この辺りでは、もうすでに歩いたり走ったり。

 真っ暗になっても外灯がないので、人気のない河川敷はちょっと薄気味悪かったりする。
最後の2キロはなんとか走ってゴール。
10.3キロなのに、1時間27分もかかってしまった。
4割くらいは歩いたかも。
もうちょっと走りに慣れたら、1時間は切りたいところだ。

※写真はすべてケータイで撮影
[PR]
by nejikuma | 2007-11-26 13:34 | つれづれ

長居植物園

b0025946_23584470.jpg
EOS 5D、EF 20-35mm F3.5-4.5、ISO200 絞り優先オート f5.6 WBオート


b0025946_2359225.jpg
EOS 5D、EF 50mm F1.8 II、ISO200 絞り優先オート f2.2 WBオート


b0025946_23592088.jpg
EOS 5D、EF 50mm F1.8 II、ISO125 絞り優先オート f5.6 WBオート


b0025946_0563223.jpg
EOS 5D、EF 50mm F1.8 II、ISO200 絞り優先オート f5.6 WBオート



 翼竜展のあと、30分ほど長居植物園を散策。
閉園間際だったので、人が少なくてよかったけど、ちょっと日が傾きすぎてたかな。
撮影日:2007年11月23日
[PR]
by nejikuma | 2007-11-25 23:59 | PHOTO

小赤壁清掃のお知らせ

 忘れてたというわけではないですが、姫路の小赤壁でも笠置と同じ12月2日に
清掃活動が行われます。

詳しくは、「関西岩場環境整備ネット[KINet]」で。
[PR]
by nejikuma | 2007-11-24 16:07 | クライミング

世界最大の翼竜展

 大阪市立自然史博物館でやってる、「世界最大の翼竜展」に行ってきた。
まず、入場料がびっくりの1200円!
(大人の料金、中学生以下は無料)
展示は相当スゴイだろうと期待したが。。。
「600円なら、まぁいいかな」が感想。

 明後日(25日)までやってるので、おヒマな方はどうぞ。
(ていうか、天気もいいしクライミングに行くよね)

b0025946_1283155.jpg

[PR]
by nejikuma | 2007-11-23 22:05 | つれづれ

ニコン D300、リコー GRデジタルII

 仕事の帰りに、ヨドバシカメラでニコンのD300、リコーのGRデジタルIIが店頭に並んでいたので、
ちょっとだけ触ってきた。

GRデジタルII
 ・水平メーターは便利そう
 ・6×6判は面白そう
 さすが、マニアアックなリコー。所有欲に駆られる、使い応えのあるコンデジだ。
このGRデジタルシリーズ(GX100も)は、「コンデジ=簡単なデジカメ」という図式に
なりがちなジャンルの中では異色ともいえる存在だが、ぜひなくさずに続けて欲しい。

D300
 ・完成度はかなり高いよう。機械としての質感がいい。
 ・シャッター音は、個人的には嫌い
 ・同価格帯でキヤノンがこの完成度のフルサイズ機を出してくれたら。。。
 「触りたいオーラ」満々の順番待ちの人が多かったので、いじったのは2、3分だった。
[PR]
by nejikuma | 2007-11-22 21:20 | つれづれ

七五三

 “数え”で5歳になるユウゴの七五三参りをしてきた。
場所は、尼崎の熊野神社。
住宅街の中の小さな神社だ。

 親戚のおばちゃんちで着付けをしてもらってから参りに行く。

b0025946_15452145.jpg
▲日なたはまぶしそうな顔をしてたので日陰で撮影。笑わすとひきつるのでこんな顔。

 ここは、家族で経営(?)している小さな神社だけど、なかなかサービスがよかった。
神官は2人(親子みたい)。
退場する時は、生演奏で雅楽(笙)のBGM付き。

b0025946_1547061.jpg
貸し切り中の本殿

おもちゃのお土産をいっぱいもらい、帰ってから刀を振り回すユウゴの相手が大変だった。

b0025946_15584082.jpg



写真はいずれも、Canon EOS 5D、EF50mm F1.8 II
[PR]
by nejikuma | 2007-11-18 17:21 | 家族

ただ今テスト中

 5Dのオリジナルデータです。
下のリンクからたどっていってください。


レタッチ等はしていません。
オリジナルのまんまです。
ハナ○ソはご愛嬌(^^)

絞りは、開放から2/3段絞ったf2.2。
この程度では、被写界深度はまだまだ浅いですね。

スヤスヤ眠る娘


EF50mm F1.8 II
ISO200 絞り優先オート f2.2
WB:オート ピクチャースタイル:オリジナル

[PR]
by nejikuma | 2007-11-18 17:01 | PHOTO

笠置清掃のお知らせ

 12月2日(日)、ボルダリングエリアで知られる京都府の「笠置」で清掃が行われます。
清掃の後は、当然セッションがあります。

詳しくは、ボルダリングサークル関西・BCKで。
[PR]
by nejikuma | 2007-11-16 22:56 | クライミング

フルサイズ

 普及価格帯のデジタル一眼レフの撮像素子は「APS-C」サイズといって、
35ミリフィルム(銀塩)の一コマよりかなり小さい。
例えば、キヤノン EOS 5Dと40Dの撮像素子の面積を比べると、2.5倍にもなる。

b0025946_15533670.jpg
▲画像はキヤノンさんのサイトからお借りしました。


 上のイメージのように、APS-Cサイズ機は本来写るべきイメージを最初からトリミングしているようなものなのだ。

 フルサイズのメリットは。。。
■撮像素子がフィルムと同じなので、今まで使っていたレンズの画角がそのまま使える。ややこしい1.6倍(キヤノンの場合)とかの換算をする必要がない。
■ファインダーが大きく見やすい。
■レンズ本来のボケが生かせる。
■画質が良い。同じ画素数でもフルサイズの面積は、APS-Cサイズの約2.5倍あるので一つ一つの「画素」が大きい。結果、物理的に余裕があり、一般に高感度でも低ノイズでSN比が良く、高画質を実現しているといわれる。
などなど。。。

 デメリット、というかこの機種独自の弱点もある。

■連写が遅い(3コマ/秒)。
■防塵防滴でない。
■液晶が見づらい、というかハッキリ言って悪い。
■ライブビューがない(古いから当たり前だけど)
■ゴミ取り機能がない(〃)。
■ちょっと重い。
■シャッター音がチープに感じる(好みの問題)。
■APS-Cサイズに比較して高価(分かってるけど…)。
などなど。。。

 デジタル一眼はかつて、めちゃくちゃ高価だった(何百万!もした)。
いろんなモデルが出て、「EOS Kiss D」てグッと身近になったが、それでも10万円コース。
今、APS-Cサイズの中級機としては、EOS40DやニコンD300、D80があり、
機能、性能、画質ともかなり向上していて、5Dを越える機能もいっぱいある。
でも、APS-C機が逆立ちしても埋められないのが、フルサイズの持つ魅力
うまく言えないけど、そこには、カタログスペックを越えた“何か”があるように思う。


 もちろん、カメラがよくても写真がよくなる訳じゃない。
被写体を見つける眼力や絵にするセンスは、どんなカメラを使っても同じこと。
さらに、高画質ゆえに解像度の高い、いいレンズも使いたいところだ。

 いろいろ書いたけど、とりあえず、念願の5D。
写真の腕はともかくとして、これからは気持ちを新たに写真を撮りたいと思う。
(もちろん、クライミングは止めてませんよ!)

 
[PR]
by nejikuma | 2007-11-10 21:58 | PHOTO

「5」から「5D」へ

b0025946_13251442.jpg
                                       RICOH Caplio GX-8

 タイトルのように新デジイチは「キヤノン EOS 5D」だ。
(登攀工作員さん、正解はコレでした!)

2年前に発売になった機種で機能の古さは否めないが、
その分、かなり値下がりして求めやすくなった。

詳しくは、また今度。
[PR]
by nejikuma | 2007-11-05 17:32 | PHOTO