<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

タイヤ交換

 春の恒例行事、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤへの交換をした。

 いつもと違うのは、今回は「トルクレンチ」を使ったということ。
今まではクロスレンチを使って、適正トルクとかお構いなしに力まかせに締めていた。
(良くないこととは知っていたけど)

 今回は、Amazonで買った3,300円の安価な代物だが、精度はそう悪くないらしい。
高いモノは軽く1万円を超えるしね。

 使ってみた感想は、「こんな緩くて大丈夫?」。
セレナの設定トルクは108N・m。
この数値にレンチを調整してナットを締めていくと、設定トルクに達したら「カチッ」と音がする。
レンチが長いので、クロスレンチより少ない力で締められるのは理屈でわかるけど、
やはり、ちょっと不安。

 午後から用事で往復30㌔ほど走ったが、いちおうは問題なかったみたい。

b0025946_1522317.jpg 

[PR]
by nejikuma | 2011-03-27 21:55 | つれづれ

OCS

 youkoさんが久々に登場。
また会員に戻ったそうだ。

 自分もちょっとはマシになってきたので、先日一撃した女子会の課題やミニコンペの課題を連れ回してサンドバッグにしてやろうと企てたが、
一撃とはいかなくとも、ことごとく課題を登られてしまった。
最後は逆に教えられた課題に手こずり、半分返り討ちに。
相変わらずツヨツヨです。

 でもまぁ、ほぼ対等に登れるようになってきたのでヨシとしようか。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-24 23:04 | インドア・クライミング

OCS

 連休明けだから、ちょっと人は少なめ。

 女子会の課題を教えてもらいながら登る。
今日は、まあまあ調子が良く、今の限界グレードに近い課題を2本一撃(フラッシュ)できた。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-22 23:04 | インドア・クライミング

OCS

 長モノで垂壁から始まり、D壁の裏へ行くオレンジの課題があるが(黄色につなげられる課題)、
D壁の裏で直上して終わるバージョンがある。
今日やっとRPしたけど、これで本当に5.10c/d?
5.11bくらいに感じるんですけど。。。

 次は、黄色につなげる課題をやろうと思うが、これもグレードより異常に難しいんだけど。。。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-18 22:07 | インドア・クライミング

防災意識

 電池を買いにヨドバシ梅田に行ったら、主要な電池はどれも売り切れだった。
特に懐中電灯で使う単一、単二。
それに、元々需要が多い単三。
エネループのような充電池もほぼ売り切れ。
ヨドバシのような大型店だけでなく、定価販売のコンビニでも店頭から姿を消していた。
カセットコンロのボンベもなかなか手に入らないようだ。

 何かあった時だけ、こうやって慌てて買い求めるのは日本人の悪い習慣だ。
我が家は、EPIガスとガソリン式のランタン(コールマン)&コンロ(MSR)があるので、
とりあえずは大丈夫だろう。
今の家に住み始めた時から、非常用食料や水、着替え、ヘッドランプ、ヘルメット(登攀用だけど)を常備して、
いつでも持ち出せるようにはしている。
準備してくれたのは、もちろんヨメさんだけど。

b0025946_20311851.jpg

空っぽになった電池売り場の陳列棚
[PR]
by nejikuma | 2011-03-17 20:44 | つれづれ

東北・関東大震災

 金曜日の午後、普通にデスクワークをしていたら、「揺れてる」という同僚の声に地震と気づいた。
14階建てのビルなので、ユラユラと回転するような揺れだ。
休憩室のテレビを見ると震源地が三陸沖と出ていて、
「これはただごとではない」と思った。
何百㌔も離れてるのにこんなに揺れるとは。

 家に電話をしたら、ヨメは地震にまったく気づいていなかったようだ。
大阪で震度1~2だったので、そんなものか。
急いでテレビをつけろと言ってから電話を切った。

 すでに報道がされているのでもうこれ以上書く事もないが、戦後最大の天災による被害となった。
阪神・淡路大震災も身近に起きたことでもあり、大変な出来事だったと思うが、
今回の震災は想像を絶するものになってしまった。

 被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げます。
一日も早く復興されるよう、心からお祈りします。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-15 20:46 | つれづれ

グラビティーリサーチが大阪・なんばに出店

 好日山荘の経営で神戸にジムがある「グラビティーリサーチ」の2号店が4月中旬、大阪・難波にできると
ロック&スノーの最新号で知った。
 今日たまたま、仕事で吉本興業に行く用事があったので、
ついでにそのビルをのぞいてきた。
ジムが入るビルは「スイング吉本ビル」の3、4階部分。
名前の通り吉本のビルで1階はゲーセン、上層階には「NSC」なんかも入っている。

 場所は千日前のど真ん中で、地下鉄や南海、近鉄の駅からも近く、
こんな都会の一等地にクライミングジムができるなんて、かなり驚きだ。
下世話だが、家賃も相当高いだろうに。

b0025946_049448.jpg

左奥がスイング吉本ビル


 利用者も純粋なクライマーというよりスポーツジム感覚、いや、ビリヤードやボウリングをプレイする気軽さで来る人が多いのかもしれない。
底辺が広がるのはいいけど、人口が増えれば、それに比例して倫理観のない人だってやってくるだろう。
クライミング界全体のモラルが低下しなければいいのだが。。。
と、思うのは考えすぎだろうか。

 次は百貨店の出店・改築や、リニューアルが終わりそうな大阪駅周辺にクライミングジムができるかも?
 そうなればかなり便利になるけど、OCSの年会費は安いからなぁ。
まぁ、通うのは無理かな。

b0025946_051026.jpg

周辺はミナミの繁華街。平日でも人であふれている。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-09 21:22 | つれづれ

北山清掃登攀

 数年ぶりに北山公園の清掃登攀に参加してきた。
我が家は、用事で来れないヨメを除く3人で参加。

b0025946_17522829.jpg

こうるさい2人。
ちゃんとゴミ拾えよ!


10時ちょっと前に広場に着くと、すでに多くのクライマーが集まっていた。
知人も10人ほどはいたが、9割は知らない方ばかり。
うーん、しばらく来ない間に顔ぶれも変わってしまったんだね~。

 清掃は約1時間で終了。
自分はあんまりゴミを見つけられず、ちょっとバツが悪かった。
埋もれていた巨大なゴミもあったが、相変わらずペットボトルや空き缶、食事のゴミなども多い。

 清掃後は記念撮影とO崎さんの挨拶があり、その後は皆、思い思いの場所に分かれてボルダリングを楽しんだ。
自分達は「火の用心」近くの新エリアへ。
 初めて着たけど、面白そうな初段の課題や取り付きやすそうな6級クラスもあり、
それぞれのレベルで楽しめそうだ。

b0025946_1733110.jpg

新エリアから望む大阪方面。ボルダータワーやアドレナリンエリアが手前に見える。


 自分は、6級と5級くらいの2本だけ登って終了。
6級の課題は一撃できず、O崎さんにも、「普通に落ちてますやん」とか突っ込まれる。
2回目で登ったが、ユウゴに「うまく登ったやん、2回目で」などと、
褒められてるのか、バカにされてるのか分からんコメントをもらう。
まぁ、確かに昔なら一撃して当然の課題だろうが、今はそんなもんだろう。
外で登るのは一昨年の夏の小川山以来やし。
ええねん、楽しんで登れたし。

b0025946_17344249.jpg

簡単な課題?を登るユウゴ。
これを何度も登っていた。
(みなさん、お世話かけました)


 14時前にsakaさん、yukioさん、キムちゃん、ひがぴょん、杉ちゃん、
それに遠方から来られた島根のgakuさんにあいさつして下山。
駐車場に着く前に雨がポツポツと降り出してきた。
もう少し登りたかったが、ちょうどいいタイミングだったかも。

b0025946_17534690.jpg

植物園の梅はちょうど見頃。


O崎さんをはじめ、参加されたみなさん、お疲れさまでした。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-06 17:13 | クライミング

ミニコンペ おさらい

 先日開かれたミニコンペの課題をやる。

 まずは黄色のビギナークラスの課題から。
ビギナーは黄色5本とミドルと共通のピンク5本だが、
黄色はかなり易しめの課題が多い。
強いていえば、5番の最後の部分がリーチのない人には難しいということくらいか。
ただし、かっぱのひろさんが出場していたら、離陸、というか取り付くことすらできなかったかもしれない。
なぜなら、スタートホールドがこんなだからだ。

b0025946_1712580.jpg


 水色の1番は、この日1回目で登れた。
うーん、コンペ当日はあんなに難しかったのに。。。
ピンクの4、5番より易しいかも。

 後は、ミドルの決勝課題1本目をS水さんとやってみる。
S水さんは、5、6回目で完登。
さすがはサーティーンクライマー!
自分は核心のムーブがまったくできなかった。
当分は打ち込まないと登れそうにないが、面白いムーブだった。

 水色は1本は登れたが、他の水色は、マジ?と思ってしまうようなレベルだ。
これをミドルの課題にするのは、ちょっと厳しすぎない?
マスタークラスの人でも水色を登れていない人は多数いたようだ。
ましてや緑色は。。。
 それに、今回はビギナーの参加者が少なく、ミドルに組み込まれてしまった。
ビギナーで出場するつもりだった人たちは一課題も登れず、K点の得点のみというケースも多かった。
彼らは、そんなコンペにまた出たいと思うだろうか?
予選で10本も登らせるなら、どのクラスでも1、2本は気持ちよく登れる課題は必要だと思う。
ただ厳しくするだけがコンペではないと思うが。
[PR]
by nejikuma | 2011-03-02 21:02 | インドア・クライミング